お知らせ

続々再開していきます!


コロナ自粛が解除となりました。
気づけば7月!
ピンとこないまま、今年が半分終わってしまった感があり気持ちが焦ります。

6月から再開し始めた『みんなで歌う音楽会』ですが、7月からも徐々に再開可能となってきました。
『みんなで歌う音楽会』だけでなく、主催者からご依頼を頂いている会場も徐々に再開頂きます。

7月以降の再開の現場は下記の通りです。

■7月再開の会場
 ・大阪市港区  歌声広場ぽっぽ
 ・岐阜県可児市 広見地区センター
 ・大阪府豊中市 せんちゅうバード

■8月再開の会場
 ・愛知県名古屋市 神田ヴィレッジ
 ・大阪市阿倍野区 田辺歌声喫茶

先月から再開している岸和田福祉会館、アステ川西も引き続き開催します。
このまま何事もなく順次再開できることを切に願っています。

各会場の皆さま、うがい・手洗い・ソーシャルディスタンスをお守り頂き、元気に再開しましょう!
元気に再会できる日を楽しみにしております。

あとがき

コロナだ!自粛だ!と翻弄されている間に今年の前半が終わってしまいました。
気分的に一番好きな『春』という季節が抜け落ちてしまっているように感じてしまいます。
それでも今年の折り返し。
コロナ騒動というのか、コロナ狂騒曲で翻弄されつつも、少し立ち止まって自身の足元を見つめなおす時間を与えてもらったと思うようになりました。

お蔭さまで「なんだか納得がいかない」と感じていたこの㏋も大幅に改訂することができました。
これもコロナ自粛でまとまった時間ができたお蔭で、今までは忙しさにかまけ見て見ぬふりをしてきた色んなことの一つが解消されたと思います。
今さらながら、忙しさに自己陶酔していた点もあるのでは?と気づくキッカケになりました。

この自粛期間にねこ先生も、この記事を書いている私(とうこ)も自己メンテナンスの時間を取ることができました。
コロナ自粛以前はどれだけ無理をしていたか、どれだけ心身が疲弊していたか思い知りました。

心身の疲弊はともすると自分では気づかない場合があります。
気づいたときにはかなり重症であるとも言われます。
場合によっては本当に体を壊していることすらありますよね。

ねこじゃらし音楽事務に関わる以前は、長年医療関係の副作用を扱う部署で働いていた私は症状を薬で抑え込むだけの治療に疑問を持っていました。
薬に頼ること以外に、日々の生活習慣の見直し、ストレスを解消することの必要性を実感していました。

ねこじゃらしの活動に出会ったとき、この活動こそ無理なく楽しみながら心身を豊かにするものだ!と雷に打たれたように感じたことを思い出すきっかけを、このコロナ自粛が与えてくれました。

ねこじゃらしでの活動が来年で10年目を迎えるこの年に、いま一度、原点に立ち返れたのは良かったと思います。

コロナ自粛が解除されたこの時点で、私たちねこじゃらしの一同ができることは、開催前の新しい習慣であると考えています。

① 手指の消毒
② 検温を含む体調チェック
③ 換気を行いながらの実施

ご心配な方はマスクを着用してお歌いください。
ご自身のお体をお守りください。
一日も早いワクチンの開発と、ワクチンの徹底がなされることを願っています。
その日までは自己防衛を徹底し、ご自愛ください。


関連記事

  1. 桃ヶ池公園市民活動センター
  2. 「暮らしの中に上質の生演奏を」「人が奏でる音楽を街じゅうに・・・…
  3. 堺市立西文化会館ウェスティで間もなく開催です
  4. 明けましておめでとうございます。
  5. 大盛況でした うたごえ広場ぽっぽ
  6. 岸和田自泉会館
  7. お知らせ 
  8. 10月に入りました!
PAGE TOP